生活家電

おしゃれな白い炊飯器集めました。モノトーン派向けシンプルデザイン7選

おしゃれな白い炊飯器集めました。モノトーン派向けシンプルデザイン7選

日本食といえばやっぱりお米。

ところが、炊飯器は昔からデザインがいまいちおしゃれになりきれず、キッチンで悪目立ちしがちな存在。

おしゃれな土鍋や鋳物(いもの)ホーロー鍋を使ってガス火で焚き上げる方もいらっしゃいますが、コツや手間がかかってしまうデメリットも。

そこでこちらでは、おしゃれなデザインの白い炊飯器を中心にご紹介します。

炊飯器の選び方や加熱方式の違い

炊飯器の選び方として、一番大事なのは炊飯容量。

最大容量より少し少なめで炊くのが一番美味しいと言われるため、食べる量よりすこし多めに炊ける機種を選ぶといいです。

目安としては、1人暮らしなら3合以下、2~3人家族なら3合~5.5合、4人家族なら5.5合~1升炊き。

また、炊飯器は加熱方式による違いもあります。

圧力IH方式…内釜に圧力をかけて一気に高温加熱することで、お米本来の良さを十分ひ引き出し、粘り気もありもちもちな食感の炊きあがり

IH方式…IHコイルで内釜を囲って発熱させる方法。圧力をかけない分お米がたちしっかりした食感の炊きあがり。

マイコン方式…釜の底部分のヒーターを発熱させるため火力は弱め。ふんわりと柔らかく炊きあがるが3合以上はムラになりやすい。

圧力IH方式が技術面では優れていますが、お値段も10万円以上と高価になります。

VERMICULAR バーミキュラ ライスポット

おしゃれな白い炊飯器バーミキュラ ライスポット

製品番号 RP23A-WH

【スペック】
・サイズ:幅31.1×奥行29.6×高さ20.8cm
・重さ:約6.9kg
・最大炊飯容量:5合
・炊飯コース:白米/玄米/おかゆ
・炊き分け:ふつう・おこげ
・保温時間:なし
・付属品:米計量カップ、水計量カップ

「世界一おいしいご飯が炊ける」がコンセプトのバーミキュラライスポット。

鍋とIHポットヒーターをセットで使用するため、場所の確保が必要ですが、ホーロー鍋でその名が知れるだけあって、炊飯だけでなく無水調理も可能。

もっちり、しゃっきり炊きあがるごはんも高評価ですが、大変なのはお鍋とフタのお手入れ。

元々鋳鉄ホーロー鍋(ルクルーゼやストウブなど)を使いこなせているならいいのですが、その重さも手伝ってお手入れは大変。

また、鍋で洗米できない、玄米は予め吸水させておく必要があるなど、手間もかかります。

炊飯もできる調理器具というスタンスで使える方が重宝できるのかな、と思います。

TIGER(タイガー)土鍋圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉ご泡火炊き

おしゃれな白い炊飯器TIGER(タイガー)土鍋圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉ご泡火炊き

製品番号 JPL-A100

【スペック】
・サイズ:幅29×奥行35.1×高さ22cm
・重さ:約7.4kg
・最大炊飯容量:5.5合
・炊飯コース:白米/エコ炊き/早炊き/炊込み(一合・麦・雑穀・玄米)/おかゆ/玄米/雑穀/麦めし押し麦/麦めしもち麦/おこわ
・炊き分け:50種類の銘柄巧み炊きわけ・しゃっきり~もっちり(5段階)
・保温時間:24時間
・付属品:一合料亭炊き専用土鍋中ぶた

遠赤土かまどがお米一粒一粒を芯からじっくり加熱する、かまど炊きの忠実な再現を目指した土鍋圧力IH炊飯ジャー。

銘柄炊き分けやおひつ保温など、充実の機能面と、ニオイを短時間で除去できる圧力洗浄コースも搭載。

5合炊きができる炊飯器だと1合炊きが美味しくない、という概念を覆す、一合料亭炊き専用土鍋中ぶたが付属します。

デザインは好みが分かれるところですが、和モダンに合う凛とした佇まいで、液晶画面も見やすく操作性の良さがあります。

TIGER(タイガー)土鍋圧力IHジャー炊飯器公式ページ

recolte(レコルト)ライスクッカー

おしゃrecolte(レコルト)ライスクッカーれな白い炊飯器 

【スペック】
・サイズ:幅22.5×奥行20.4×高さ21cm
・重さ:約1.3kg
・最大炊飯容量:2.5合
・炊飯コース:白米/早炊き/玄米/おかゆ/発酵/低温調理/蒸す/煮る
・炊き分け:なし
・保温時間:
・付属品:しゃもじ、計量カップ(0.5合)

コンパクトにもかかわらず、炊飯以外にパンの発酵や煮込み料理にも使えるライスクッカーは、サブとして持っておいても便利な一台。

タッチパネルで見た目もシンプル、セラミックコーティングの白い内釜まで可愛い仕上がりです。

recolte(レコルト)ライスクッカー

ホワイトはややベージュよりのアイボリーカラー。

最大2.5合まで炊けますが、炊込みごはんは1合まで。(白米も2合炊くとほぐしにくい)

炊きあがりはやや固めなので、お好みで水加減を調整する必要がありそうです。

ZOJIRUSHI(象印)IH炊飯ジャー STAN.

おしゃれな白い炊飯器ZOJIRUSHI(象印)IH炊飯ジャー STAN.

製品番号 NW-SA10-WA

【スペック】
・サイズ:幅23.5×奥行29×高さ19.5cm
・重さ:約4.3kg
・最大炊飯容量:5.5合
・炊飯コース:白米/エコ炊飯/白米急速/炊きこみ/すしめし/おかゆ/おこわ/雑穀米/玄米/発芽玄米/無洗米/ベビーごはん(離乳食)
・炊き分け:ふつう・やわらかめ・かため
・保温時間:30時間
・付属品:しゃもじ

象印×デザイナーコラボのSTAN.(スタン)シリーズのIH炊飯ジャー。

ころんとした可愛らしいデザインにお馴染みぞうさんのワンポイント。

操作パネルはボタンと液晶画面で至って普通ですが、正面からは見えにくいフラットデザインなのでインテリアの邪魔をしません。

ZOJIRUSHI(象印)IH炊飯ジャー STAN.

白×ベージュの2トーンになっているのが可愛いところでもあるんですが、モノトーン好きにはちょっと惜しいなと感じてしまいます。

ですが、さすがは象印、炊飯コースや炊き分け、保温機能も充実していて、離乳食までレシピが用意されている嬉しい配慮。

更に炊込みごはんの後など、ニオイ残りが気になる時に便利なクリーニング機能を搭載。

またトップや庫内もお手入れしやすいフラット仕上げと至れり尽くせりです。

Xiaomi(シャオミ)Mi IH炊飯器

Xiaomi(シャオミ)Mi IH炊飯器

製品番号 IHFB01CM

【スペック】
・サイズ:幅25.1×奥行30×高さ20cm
・重さ:約4.5kg
・最大炊飯容量:5.5合
・炊飯コース:1種類
・保温時間:自動24時間
・付属品:蒸し器、しゃもじ、計量カップ、おたま

スマートフォンで世界第4位のXiaomi(シャオミ)。

中国製品とはいえ、元パナソニックの炊飯器開発者が監修し日本向けに開発されたIH炊飯器は、シンプルなデザインとスマホと連動できるIot付きで評判も上々。

Wi-Fiに接続し、Mi Homeアプリを使用することで炊飯器の炊飯、保温の遠隔操作ができるほか、炊きあがりまでの時間もスマホで確認することができます。

操作パネルも「予約」「開始」「選択/取消」の3つ以外は隠れLEDインタラクティブパネルを採用しているので、呼び出した時だけ表示され、見た目もスマート。

炊飯モードはシンプルなふつう炊きのみで、かため・やわらかめといった選択肢はなし。

ややしっかりめの炊きあがりという口コミが多いため、ふっくらやわらかめのご飯がお好みの方には不向きかもしれません。

TOSHIBA(東芝)小容量IHかまど炊飯器

おしゃれな白い炊飯器TOSHIBA(東芝)小容量IHかまど炊飯器

製品番号 RC-4ZWJ(W)

【スペック】
・サイズ:幅22×奥行28.9×高さ18cm
・重さ:約3.9kg
・最大炊飯容量:2.5合(無洗米2合)
・炊飯コース:かまど名人/早炊き/炊込み/炊込みおこげ/おこげ/おかゆ/玄米(かまど名人・おかゆ)/麦ご飯
・炊き分け:4コース
・保温時間:白米24時間(玄米・麦ごはん12時間)
・付属品:しゃもじ、しゃもじ立て、計量カップ

スマートタッチパネルを搭載した、スタイリッシュなデザインの東芝 RC-4ZWJ。

必要な時だけ情報が浮かび上がるので、見た目すっきり、そしてフラットパネルでお手入れも楽々。

TOSHIBA(東芝)小容量IHかまど炊飯器

最大2.5合炊きとコンパクトながら、かまど炊きを追求した「本羽釜沸騰うまみ炊き」を実現し、お米一粒一粒の旨味をしっかり引き出します。

人気の麦ご飯コースや玄米コースを選ぶこともでき、炊きあがりの食感も「おすすめ」「しゃっきり」「もちもち」「やわらか」とお好みで選択できます。

BALMUDA The Gohan(バルミューダザゴハン)電気炊飯器

おしゃれな白い炊飯器BALMUDA The Gohan(バルミューダザゴハン)電気炊飯器

製品番号 K03A-WH

【スペック】
・サイズ:幅27.5×奥行25.1×高さ19.4cm
・重さ:約4kg
・最大炊飯容量:3合
・炊飯コース:白米/早炊き/玄米/炊込み/おかゆ
・炊き分け:なし
・保温時間:なし
・付属品:水計量カップ、米計量カップ

とにかく外観がおしゃれと人気のバルミューダ・ザ・ゴハン。

他の炊飯器と大きく異なるのは、蒸気でごはんを炊き上げるテクノロジーを採用していること。

そのため、内釜に米と水を入れるだけでなく、外釜にも水を入れる必要があり、慣れるまではやや面倒に感じてしまうかも。

BALMUDA The Gohan(バルミューダザゴハン)電気炊飯器

「おかずを美味しくするご飯」とうたっている通り、炊きあがりは固めで保温機能がないことも好みがわかれるため、しゃっきりごはんを好む方、デザイン優先と割り切れる方、と使う人を選ぶところがあるかもしれません。

おしまいに

主食となるごはんですから、機能面を重視して選びたいところなんですが、炊飯器は使用者の年齢層も幅広いので、使いやすさや操作性が優先される傾向にあります。

デザイン性まで求めてしまうと種類が限られてしまいますが、ぜひキッチンに合うお好みの炊飯ジャーを選んでみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA